骨盤ケア
骨盤ケアってどんなこと?

骨盤ケアとは、妊娠により緩んでしまった骨盤を支えたりゆがんでしまった骨盤を正常な形に整えるために運動をしたり手技を受けたりすることです。

 

 

なぜ骨盤ケアが必要なの?

妊娠するとごく初期から「リラキシン」というホルモンが分泌され、骨盤の関節をつないでいる靭帯が緩みます。出産のときに赤ちゃんが狭い骨盤を通り抜けやすくするために必要なことなのですが、筋力も、靭帯の力も弱い現代の女性は妊娠すると骨盤が緩みすぎ,様々な症状に悩まされることが多くなりました。

 

骨盤が緩み子宮が下がることにより

◇おなかの張り  便秘  ◇頻尿や尿漏れ

◇恥骨の痛み   ◇静脈瘤 ◇腰痛

等、様々なトラブルがおこりやすくなります。

 

ふんわりと柔らかな子宮で育つことは、赤ちゃんにとっても良いことで、歪みのないきれいな姿勢で育ちます。

 

妊娠したからこれくらいはしょうがない・・・と痛みやつらさを我慢していませんか?

初期から骨盤のケアを行い、母子ともに健やかな妊娠生活を送りましょう。

 

また、産後、開いた骨盤のままでいると、尿漏れや痔、便秘、子宮の下垂などに悩まされます。お尻やモモが太くなり体重は変わらないのに産前履いてたジーンズが入らなくなることも。

出産で開いた骨盤を閉め、ゆるんだ筋肉を強化していきましょう。

 

 

おはな助産院では「トコちゃんベルト」を使った骨盤ケアを行っています。

トコちゃんベルトはネットでも簡単に手に入りますが、正しいサイズのものを正しくつけなければ、効果も半減です。

また、体にゆがみがある場合は、手技をうけたり、体操をして、きれいな状態にしてからベルトを付けるというのも重要です。

 

おはな助産院での骨盤ケアの流れ

   

①妊婦さんは赤ちゃんの状態を超音波で確認

②骨盤のゆがみをチェック       

③施術 

バキバキっとやるような施術はしません。体を緩ませふんわり楽になる施術です。

セルフ整体体操の指導。お家で毎日簡単にできます。体の調子にあわせ2から4種類。

 ④骨盤ベルトのつけ方を指導

トコちゃんベルトは正しくつけるには、絶対守らないといけないポイントが3つあります!症状により、ベルトに晒しをプラスしたらダブル巻きが必要な子供あります。

つける姿勢、位置、強さ。ちゃんとつけると、驚きの気持ちよさです。

骨盤ベルトをした状態での日常生活の送り方、座り方や車の運転、トイレの方法などの指導も行ないます。  

 

 ⑤妊婦さんは赤ちゃんの状態を再度超音波で確認

 

✳︎ベルトは 持ち込み可。助産院でも購入できます。

 

☆料金 ¥6000(60分)

 

☆持ち物

母子手帳

 

☆服装

ストレッチジーンズなど硬い素材のものは不可

ジャージ等の柔らかい素材のズボン。

 

☆注意事項

妊娠16周までの初期のかた、切迫早産などの合併症のある場合でも、セルフ体操や骨盤ベルトなどで骨盤ケアできます。申し込み時にご相談ください。

--------------------------------------------

おはな助産院で出産する
新しい命との出会いが素晴らしいものになるよう自分らしい出産考えてみませんか?
助産院のブログ
ベビーマッサージ べびま
おはなギャラリー

 

 

 

 

 診療時間

月曜日から金曜日

 9時から15時

土曜日

 妊婦健診のみ予約受付

お休み 日、祝日

   お問い合わせはこちらから

           

  

   お急ぎの場合などはお電話で

 090-7916-4122